歯科衛生士は自分に合った歯科医院を選びましょう

歯科衛生士は、歯科でよく募集しています。歯科にはいなくてはならない専門職です。確かに忙しい仕事ですので、辞めていく人も多くいます。そして、新しい歯科へと条件の良いところに移る方が多くいます。特に、最近は、夜間診療が多いなってきているので、帰宅が遅くなり、仕事もハードになっていることも否めません。しかし、忙しい分は、残業手当として給料の中で支払われています。ですから、給料が安くても楽な歯科が良いか忙しい代わりに給料が高い歯科が良いかを考えなければなりません。


歯科衛生士の働き方もいろいろあります

歯科衛生士の働き方もいろいろあります。例えば、歯科の診療時間が長いので、午前と午後は違う歯科衛生士を雇っている歯科もあります。朝から夜までずっとでは、労働基準法に引っかかってしまいますし、体力的にも大変です。ですから、午前は、パートタイムのように午前だけの診療の補助を行う方がいて、午後から夜にかけては違う方が、昼過ぎから夜まで診療します。こうすることで、自分の私生活が忙しくなったときも歯科衛生士として働くことも可能となります。


通勤できる場所にある歯科で歯科衛生士として働く

歯科衛生士の資格があるのなら、仕事の情報誌などでも歯科衛生士の仕事は募集しています。あとは、勤務時間と自宅から働く歯科との通勤時間の問題です。いくら給料が良くても通勤時間がかかってしまうと、それだけで疲れてしまい仕事が長続きしません。また、交通機関も大切です。車を所有して駐車できるなら問題がありませんが、歯医者の近くに駐車場を借りたら余計な出費となりますし、また公共の交通機関が少ないと特に夜の帰宅は不用心になります。ですから、自分にとって良い通勤条件の歯科を選ぶことも大切です。



歯科衛生士の求人の条件は、各地域の実状によって、大きな違いがありますが、最近ではベテランのスタッフの採用に力を入れている歯科クリニックが目立ちます。