小児科の専門医が非常勤で働くときの動向

子育て中の世帯数が増えている地域では、小児科の医師が不足気味のケースが多いです。そのために地元の公立病院や総合病院でも、アルバイトの小児科医を採用して、救急時の対応にも積極的に取り組んでいます。乳幼児の症状は急に変わる場合が多いので、小児科の医師の勤務体系では、当直や救急対応が通常よりも多いのが一般的です。そこで必要な小児科医を確保するために高い日給を提示するケースが多く、高収入のアルバイトとしても注目されています。


皮膚科の専門医の非常勤の勤務動向

クリニック勤務や独立開業した皮膚科医が、週1回程度他の医療機関で働くケースは非常に多いです。中規模の病院の外来診療を担当するケースが中心であり、患者の症状に合わせて治療と処置を行っています。またスキルアップを考えている皮膚科医の中には、漢方治療のような独自の治療に強みのある医療機関で働く人もいます。外来の非常勤の日給は5万円前後ですが、誰でも働きやすいために医師専門の求人サイトでも特に人気があります。


内科医が定期的に副業をする時の人気の求人

非常勤として他の医療機関で積極的に働いているのが、循環器や呼吸器の診療にも強い内科の専門医です。各地で人口構成の高齢化が進んでいるために、在宅医療の分野でも求人が増えています。日常的な高齢者の健康管理の仕事が中心であり、50歳以上の医師の間でも人気のあるアルバイトです。また循環器内科や呼吸器内科を設置しているような病院であれば、週に1回から2回程度の仕事を見つけることができます。比較的病状の安定している患者の診療がメインであり、非常に働きやすい環境です。



医師のバイトはいろんな科の勤務状態を知り、自身のスキルを高めることができ、キャリアを伸ばすことができます。