社員の平均年齢はどれくらいか?

就職の求人の中には全てではないものの、在籍している社員の平均年齢が書かれていることがありますね。それを見ると、ある程度その会社の中にどの年齢層が多く占めているのか?が分かります。ここで注意すべき場合というのは、その平均年齢が若いようなケースです。平均年齢が20代前半とか、20代中盤あたりの会社というのは、そのあたりの年齢層が多く、30代、40代以上の社員が少ないということを意味しています。要するに、そういった年齢になる頃には会社にはいないということになりますから、離職可能性の高さが浮き彫りなるのです。


求める人物像にこだわりすぎない

求める人物像という欄がありますが、これは本当に企業がそれを求めているか?は分かりません。これは主にネット上のサイトに求人を出すときにある項目ですが、求人を作るときにあらかじめ用意されたフォーマットにそういった欄があるため書いている企業が多く、欄を埋めるためにとりあえず書いているケースも考えられるので、それが本当にその企業にとって探している人物像か?どうかは分からないのです。だから、そこに書いてある人物像に自分が当てはまらないと思っても諦める必要はないのです。


採用実績のある大学は参考程度に

就職の求人を見るときには、採用実績のある大学の一覧が載っていることがあります。しかし、それは一例であり、全部は載せられません。だいたい偏差値の高い有名な大学から載せているので、どうしてもそういう大学以外の名前が載る機会というのは少ないはずです。だから、採用実績がないのか?あるけど載っていないだけなのか?の区別もなかなかつかないと思います。そして、載っていない大学の出身者は今後も絶対に採用されないとか、そういうわけではないので、ここは参考程度に見ておくのが良いと思いますね。



運用管理をするのであればネットワークエンジニアを目指しましょう。基礎的な技術があればなれるので将来性があります。